美容のエキスパートが更新。美容皮膚科ブログ

大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

2014年10月10日2:59 PM

こんにちは、大阪心斎橋の美容皮膚科ウィルクリニックです。

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあり、原因もできる場所も異なるということ、ご存じでしたか?

今日はこの『思春期ニキビ』と『大人ニキビ』の違いを詳しくお伝えします。

〇思春期ニキビとは?
10代の思春期にできるニキビです。成長期において皮脂分泌が『過剰』になることが主な原因だといわれています。

思春期の頃は、体を作るために成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが皮脂腺を刺激することにより、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。

〇大人ニキビとは?
思春期を過ぎて大人になってからできるニキビです。
この大人ニキビの原因は、不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、スキンケア、化粧品、ホルモンの関係などさまざまな要因が考えられます。

また、ストレスや不規則な生活習慣からくるお肌のターンオーバーの乱れが、肌の乾燥が、大人ニキビには密接に関わっているといわれています。

〇思春期ニキビと大人ニキビの特徴、違い

・思春期のニキビ
皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬までと広範囲に渡るのが特徴です。
皮脂の量と水分量を適度に保つことが肝心です。

・大人ニキビ
Uゾーンといわれる顎やフェイスライン、そして首筋にかけてできる傾向があります。
生活習慣全般を見直し、ストレスのない生活や規則正しい生活、健康な食生活を心がける対策が良いでしょう。

それぞれの特徴をふまえた上で、ニキビケアを行うようにしましょう。

来院前のお問い合わせ 来院のご予約