レーザーを用いた新しい肝斑治療

肝斑レーザートーニング

肝斑レーザートーニング治療は、これまで肝斑にはタブーとされてきたレーザーを用いた新しい治療法です。

肝斑とは?

両頬、額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に出るシミです。 肝斑は、薄いものも含めた場合、特に30代~40代以降の女性の約半数近い方に見られるごく身近なシミです。 シミ治療を考える人の約40%の方にこの「肝斑」があるといわれています。 肝斑は紫外線も強い発症要因になりますが、更年期やピル内服中などに出現したり、妊娠・出産時期に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが関与していると思われますが、はっきりとした原因が特定されていないシミです。

肝斑レーザートーニング治療

Qスイッチルビー・ヤグレーザーによる肝斑の新しい治療法です。 これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、“レーザートーニング”は非常に注目されています。肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

肝斑レーザートーニング治療の特徴

レーザーフェイシャル機器写真
レーザーを用いた新しい肝斑治療法です。

Qスイッチルビー・ヤグレーザーによるレーザートーニングという治療法で、肝斑はしみの一つですが、正確には反応性の色素沈着症と考えられています。そのため治療はレーザーだけでなく、トラネキサム酸の外用や内服による抗プラスミン治療を加えた複合治療になります。

毛穴やお肌のくすみにも効果

この治療法は肝斑の治療のみならず、毛穴やくすみにも効果が期待出来ます。「治療後は肌がツルツルになった」と実感されている患者様も多くおられます。

肝斑レーザートーニング治療の経過

肝斑が徐々に薄くなっていきます

低出力のレーザーを使用した治療になりますので、回数が必要となります。 肝斑をビタミンで改善する肝斑治療ではこのビタミンCを使った外用薬治療も非常に重要です。また、治療には合わせて内服薬も使用していきます。 レーザーによる治療だけでは高い効果は期待出来ませんので、必ず複合治療が必要であり、ある程度の治療回数が必要ですので、当院では5回での設定のみとさせていただいております。

肝斑レーザートーニング治療のQ&A

一度の治療でシミが除去できますか?

レーザー治療だけでは行えません。必ず外用と内服が必要です。

治療後はお化粧は出来ますか?

治療後お化粧は可能です。

痛みや副作用の心配はありませんか?

治療後赤みが出るが2~3日で消失します。 一般的なしみのレーザー治療と違い、テープによる保護などは必要ありません。 治療はお肌の状態にもよりますが、1~2週間の間隔で行います。

肝斑レーザートーニングの料金

肝斑レーザートーニング治療の料金
部分 回数 料金
5回 ¥190,470

※価格は全て消費税別表記です

肝斑レーザートーニングのご予約・お問い合わせ

肝斑レーザートーニングの来院ご予約はこちら
肝斑レーザートーニングのお問い合わせはこちら
来院前のお問い合わせ 来院のご予約